2015年11月27日金曜日

App Volumes とは

2014年12月にリリースされた VMware App Volumes (以下 App Volumes) とは、
App Volumes Agent により、 OS と アプリケーションを分離 することによって、Horizon View 環境下において、アプリケーション配信に変革をもたらしました。

VMware さんの Blog より


この AppStack の実態は vmdk ファイルで、 App Volumes を管理する App Volumes Manager によって、ADの要素の範囲で、対象のマシンやユーザ単位によって割り当てることが可能です。

従いまして、
アプリケーションの要件 = View のデスクトッププール だった現状を改善します。

vmdk には ThinApped アプリケーションも格納可能ですので、
ネットワーク共有に配置するよりも、データストアから起動することになるため、起動も高速になります。

App Volumes は AirWatch との統合が発表され、 ますます活躍の場が出てくるのではないでしょうか。